おすすめハンドクリーム

注目ハンドクリーム 台所仕事、水仕事が多い方へオススメのハンドクリーム

赤ちゃんにも使えるハンドクリーム♪【もっちりよかもちくりーむ】

|おもち生まれのハンドクリーム 


小さな子供がいる私
色々なハンドクリームを試してきましたが、最近使っているのは「もっちりよかもちくりーむ」。 「つかってみんしゃいよか石けん」で有名な[長寿の里 あっとよか]から発売されているハンドクリームです。

もっちりよかもちくりーむの良いところは、口にできる「もち」から作られたハンドクリームだから安心ということ。
これって、小さな子供いる主婦の方には欠かせない条件ですよね。
料理、水仕事をするのにハンドクリームをしたいけれど、子供の口に入るのがイヤで我慢していた・・・という方は、ぜひ使ってみてください。
無添加、無香料、無着色。もち米から作られているから敏感肌の方にもオススメできますよ〜。
しっとり感の強めなハンドクリームな印象です。
口にしても安全な成分をつかっているので、私のような小さな子供のいるママも安心して使えるのが一番嬉しいです。

お値段ですが、1本1,260円(税込)2本以上お申し込みの方は送料無料だそうです。1本だけ買うときは送料が200円かかります。


詳しくは公式ホームページをどうぞ ⇒ 赤ちゃんにも使えるハンドクリーム♪【もっちりよかもちくりーむ】

もっちりくりーむ

手荒れ対策

手荒れ対策についてです。


乾燥が激しく続く毎日ですがお肌の調子はいかがですか?


手荒れが気になる季節ですが、手荒れ=ハンドクリームで対策、と単純に考えていませんか?ハンドクリームは簡単に出来る手荒れ対策ですが、有効に使わないと何の意味もありません

手荒れには手袋だといわれますが、手袋をしていると水仕事がしにくくて困るんですよね。

ひどい人だと治療が必要なほど手あれしてしまうそうですし。


私は例年になく手荒れがひどく、マニュキュアなんか絶対に塗れないような状態の肌に悩まされていました。

最近になって大分良くなり、「肌荒れの基本は予防」であることを改めて思い知りました。面倒臭いからとついつい無視してしまいがちですが、その手荒れ予防対策がどれほど重要であるかを理解すると億劫でなくなるのも事実です。

手あれの原因

手荒れ対策ですが、基本的には手荒れが起こる原因を追究しそれを予防することが第一です。

そこでハンドクリームを効率良く手荒れ対策に役立てる方法を紹介します。


まず第一には炊事の際にゴム手袋をはめて手荒れを防ぐことです。


この寒い時期ついつい炊事の際にお湯を使ってしまいますが、お湯は必要以上に肌の潤いを奪いますし、食器用洗剤の使用で特に手肌は完全に中から水分を失った状態になります。

ハンドクリームを使っての手荒れ対策

私も実践しているテレビで見たハンドクリームを使っての手荒れ対策をご紹介します。


まずは手にたっぷりとハンドクリームを塗り、その上に綿の手袋、そして更にゴム手袋をはめてお湯で食器を洗います。それににより手肌がパックをされた状態になり、ハンドクリームの成分が手肌に吸収され、反対に驚くほど手がしっとりとします。少々の手荒れならこの対策一度で十分に潤いを取り戻せるでしょう。


食器洗いの際に毎回実行とはいきませんが、特に油ものの多い食器を洗う時には手肌のエステだと思い、このハンドクリームと手袋でのエステを実践するようにしています。


そして室内が乾燥しすぎないように加湿に気を配ることです。


乾燥は手荒れを招くだけでなくお肌全体を乾燥させますし、風邪の菌も繁殖しやすくなります。加湿器をつけたり、お湯を沸かしたりして湿度を保ちましょう。ハンドクリームをいくら塗っても、すでに根本から水分が失われてしまっていては肌の潤いを確保することは出来ません。


ハンドクリームを効果的に手荒れ対策に活用しましょう。

最近お気に入りのハンドクリームです
 赤ちゃんにも使える、おもち生まれのハンドクリーム。【もっちりよかもちくりーむ】